×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

モリンガ美臭美人

自動掃除機のスケジュール機能の比較

自動掃除機の便利な機能にスケジュール機能があります。スケジュール機能は自動的に掃除を始める時間をあらかじめ設定できる機能です。
自動掃除機は家にいる時にしか使わないという人や、外出前に自分で運転ボタンを押すという人には必要のない機能ですが、ついボタンを押し忘れてしまうという人や、毎日家を空けることが決まっている人には便利な機能です。設定しておけば決まった時間に勝手に掃除を始め、帰宅する頃にはきれいな部屋が迎えてくれます。
自動掃除機の人気のある機種には大抵スケジュール機能がついていますが、下位モデルになると省略されていたり、機能が違うことが多いようです。
ここでは人気の機種のスケジュール機能を比較してみましょう。
ルンバは2005年に発売されたシリーズに初めてスケジュール機能が搭載され、現在の最新シリーズではすべての機種についています。
CCPのラクリートは毎日決まった時間に掃除を始めるメモリータイマーがついています。シャープのココロボもタイマー運転ができますが、下位モデルは簡易タイプのタイマー機能になっています。
東芝のスマ―ボはセットした時間になると運転を開始するタイマー機能と、毎日同じ時刻に掃除を始めるデイリー機能の2種類がついています。
スケジュール機能と一口にいっても設定できるパターンや設定方法などはメーカーや機種によって異なるため、購入する前に比較することをおすすめします。
スケジュール機能は便利な機能ですが、運転を設定した時間までにはある程度片付けを済ませておくなどの準備も必要です。